Category: キッズ

マジック教室5年目に突入しました!

発達障がいを持つ子供たちの学童保育、ピュルエルでマジック教室を始めて4年が経ちました。
前職を退職した直後から始まり、あっという間の4年間でした。

開始当初は1施設で月1回の教室でしたが、この4年間で施設も増えたこともあり3施設で月5回の教室をやらせてもらうようになりました。
この期間大変なことは沢山ありましたが、やりがいを感じつつ続けることができました。

この間に得たものは数多くあります。

  1. マジックの教材は120個になりました。
    月4種類の教材(マジックのネタ)を用意しています。新しい教材を用意できずに過去に取り扱った教材をもう一度教えることもありますが、少しアレンジして子供たちが常に楽しめるように工夫してきました。50分の教室のために教材作りで6時間かかるときもありますが、子供たちの楽しむ顔を見るために頑張っています。
  2. 発達障がいを知ることができました。
    ピュルエルでマジック教室を始めるまで、発達障がいとは何か考えることはありませんでした。存在すら知らなかったかもしれません。マジックを通して子供たちと触れ合い、その発達障がいを知ることができました。特にこの障がいの多様性には今でも学ぶことが尽きません。
  3. 教え方を学ぶことができました。
    マジックを教えるということは大変難しい作業です。大人にマジックを教えるのも骨が折れる仕事です・・・そんなマジックを子供たちに、そして発達障がいを持つ子供たちにマジックを教えることは至難の業です。小学校6年生でヒモを結べない子供もいました。そこで簡単なマジック、教材を用意することは最重要事項であり、同時に段階を踏んで教えるなどの工夫が必要になってきます。これはピュルエルでしかぶつかることができなかった壁でしょう。

さて5年目も初心を忘れずに頑張ります。そして、できる限り長くこの仕事を続けられるように努力していく所存です!

都内ワークスペース WeWork 日比谷パークフロントにて

最近はやりのレンタルオフィス(ワークスペース)にてマジックをしてきました。

オフィスを使用している企業の家族向けイベントでした。
ということは・・・子供がいるわけですね!
様々なゲームと並行してマジックレクチャーをしつつ、イベント全体の最後にステージショー。

まぁ楽しかったこと。
ちびっこの笑顔を見ると日常がどんなに忙しくても心が晴れやかになります。

さて、次はどこでマジックができるでしょうか!?

写真はオフィスの一室に飾られているネオン。
私がこのネオンを体現している・・・ということで今回声をかけていただいた次第です。

MEGAドン・キホーテ豊橋店

12月24日のクリスマスイブに愛知県豊橋市にあるMEGAドン・キホーテ豊橋店でマジックショーをしてきました。そうです、あのドン・キホーテですよ!!都内のドンキと言えば狭くて2人がすれ違うのも大変ですが、こちらはMEGAドンキとにかくデカい!!一日遊んですごせます。イベントステージがこちら

そんなドン・キホーテがより楽しい場所になるように・・・とマジックをご依頼いただいたわけです。

当日の内容はマジックショーが2構成、ワークショップが2構成。これを1時間おきにそれぞれ行っていきます。正直言ってかなりの激務ですが大人も、子どもも楽しんでくれたおかげであっという間に終わってしまいました。

また来年呼ばれるといいなぁ

保育士協会向け講習会

私のマジックのメインターゲットは子供です。キッズマジシャンと自称して早2年、この度川口市の保育士さんたちに講習会(ワークショップ)を提供する機会を頂きました。

私は子供たちのヒーロー/エンターテイナーとして子供たちの前に立ちますが、保育士さんたちはあくまでも教育者として子供たちと接します。この違いを理解して保育士さんたちが喜んでくれるマジックを提供し実りのある時間を作らなければいけません。

紹介したマジックは私がキッズマジックショーやキッズ向けの教室で行うマジックを紹介し、「マジシャンが使う心理テク」も少しお話ししました。まぁ、マジシャンとしての心構え程度に理解してもらえれば。

準備期間は実に6か月(教材の準備)!準備に時間をかけただけあって中身の濃い2時間の講習会となったはずです。

これまたご縁に感謝しつつ、次はどこでマジック講習会ができるか楽しみにしております。

アントニオ with フレンズ

アントニオ with フレンズ@おおたかの森S.C.(千葉県流山市)17年2月8日

アントニオ齊藤さん(バイオリン)と石川容子さん(ピアノ)でお送りしたイベントショー。お二人の生演奏に合わせてマジックを演じました。お二人のすごいところは直前に打ち合わせをしただけで完璧な演奏をすること!また、このショーが特別なのはテーブルマジックの他に、アントニオ齊藤さんによるテーブルミュージック(バイオリンの弾き歩き)が楽しめるということ。来場いただいた子供たちの笑顔はマジックだけでは作り上げることができない表情でした。