英語寄席@上智大学紀尾井亭

日本各地に猛威を振るった台風19号・・・
19号が東京に来る前日に、去年に引き続き上智大学が企画する英語寄席にてマジックショーを行ってきました。プロ・アマの落語家3名、その間に挟まれるようにマジシャンの私と紙切り師が登場。内容の濃いイベントとなりました。
さて私の持ち時間は25分で(個人的にはちょっと長め)、しかも英語でパフォーマンスを行う必要があります。
いつものマジックをやってお仕舞・・・とはいかない現場です。そこで何点か意識して準備したことがあります。
1)見てるだけでも楽しめるマジック
観客の中には英語が全く分からない日本人もいました。私の話している英語が分からなくても見てるだけでも楽しめるマジックを中心に用意。具体的には尺が確保しやすい予言のマジックなどは避け、ロープマジックや鉄の輪っかを使ったマジックなどをやりました。
2)マジックだけじゃなくお話も
英語の分からない人も居ましたがだからと言ってマジックばかりを見せるのは良くありません。演じるマジックのエピソードがあればそれを話して、マジックに感情移入しやすい環境を作ってみました。具体的には留学中のエピソードを話したうえで当時よく演じていたマジックを披露したり。
英語、中国語を(一応)不自由なく話せる私にとっても外国語でマジックをすることは容易ではありません。単語選びやシンプルな表現を使わなければいけないわけですし。しかし年に1度でもこのような機会があると刺激になります。
来年も声がかかることを期待して英語の練習しなくちゃ!

ワークショップ 神奈川県在勤 保育士さん向け

去年に引き続きまた保育士さん向けのワークショップを行う機会に恵まれました。
(去年の活動報告はこちらへ

今回は神奈川県庁から依頼をいただきました。
凄くない!?
ありがたいの一言です。

さてこの日は74名の保育士さんにお集まりいただき、ベーシックなマジックを使ってマジックとは何かを説明。
そのあとは僕が大好きなキッズマジックを2つ+@紹介しました。
きっと喜んでくれたはずです。

僕のワークショップの特徴は・・・
1)マジックとは何かを説明 → 今後本やYouTubeで学んでも、正しくマジックを演じることができます。
2)その場で完結するマジックを紹介 → 明日子供たちの前で演じられます。
3)教材は私が用意します → ハサミなどの文房具だけ持参だけでOK!

次回までに保育士さん向けのネタを増やさなくちゃ!?

追伸:写真はクリスマス用の教材を準備中。去年は牛乳パックの絵面だったな。

母校 自由の森学園 ワクワクワークにて

私は埼玉県にある自由の森学園という良く言って一風変わった中学、高校を卒業しています。
ここでマジックや中国語と出会ったわけですが。

さて、ここでは定期的に入学を検討している小学生や中学生向けにイベントを開催しています。
そこで私のマジックが採用されているわけですが。

去年は10月に1度、今年は9月と10月に行いました。
今年10月の内容は・・・
・マジックショー
・マジック教室(カードマジックや綿棒を使った練習いらずのマジック3種)
・ロープを使った脱出ゲーム

この仕事の特徴が小学校生70名相手に80分間・・・

どれほど大変かって?
まず70名分の教材を3種類作るわけですよね。
その他に約20分構成のショーを2つ用意してととにかく大変。

でもね、母校ということもあるのでお多めに見ています(上間ら目線!)。
とは言え、新しいアイディアやマジックを試すにはもってこいの機会なので喜んでやっています。

また来年の4月頃に学校から電話がかかってくるはずです。
「今年もお願いできるぅ」って。

もちろんです!

都内ワークスペース WeWork 日比谷パークフロントにて

最近はやりのレンタルオフィス(ワークスペース)にてマジックをしてきました。

オフィスを使用している企業の家族向けイベントでした。
ということは・・・子供がいるわけですね!
様々なゲームと並行してマジックレクチャーをしつつ、イベント全体の最後にステージショー。

まぁ楽しかったこと。
ちびっこの笑顔を見ると日常がどんなに忙しくても心が晴れやかになります。

さて、次はどこでマジックができるでしょうか!?

写真はオフィスの一室に飾られているネオン。
私がこのネオンを体現している・・・ということで今回声をかけていただいた次第です。

MEGAドン・キホーテ豊橋店

12月24日のクリスマスイブに愛知県豊橋市にあるMEGAドン・キホーテ豊橋店でマジックショーをしてきました。そうです、あのドン・キホーテですよ!!都内のドンキと言えば狭くて2人がすれ違うのも大変ですが、こちらはMEGAドンキとにかくデカい!!一日遊んですごせます。イベントステージがこちら

そんなドン・キホーテがより楽しい場所になるように・・・とマジックをご依頼いただいたわけです。

当日の内容はマジックショーが2構成、ワークショップが2構成。これを1時間おきにそれぞれ行っていきます。正直言ってかなりの激務ですが大人も、子どもも楽しんでくれたおかげであっという間に終わってしまいました。

また来年呼ばれるといいなぁ

保育士協会向け講習会

私のマジックのメインターゲットは子供です。キッズマジシャンと自称して早2年、この度川口市の保育士さんたちに講習会(ワークショップ)を提供する機会を頂きました。

私は子供たちのヒーロー/エンターテイナーとして子供たちの前に立ちますが、保育士さんたちはあくまでも教育者として子供たちと接します。この違いを理解して保育士さんたちが喜んでくれるマジックを提供し実りのある時間を作らなければいけません。

紹介したマジックは私がキッズマジックショーやキッズ向けの教室で行うマジックを紹介し、「マジシャンが使う心理テク」も少しお話ししました。まぁ、マジシャンとしての心構え程度に理解してもらえれば。

準備期間は実に6か月(教材の準備)!準備に時間をかけただけあって中身の濃い2時間の講習会となったはずです。

これまたご縁に感謝しつつ、次はどこでマジック講習会ができるか楽しみにしております。

マジシャンの通訳 in 上海

私の活動はマジックパフォーマンス、レクチャーにとどまらず通訳もします。

今回は10月下旬に1週間ほど上海に行って日本のマジシャンの通訳をしてきました。パフォーマンスだけでなく、リハーサル、打ち合わせ、食事などなど全てにおいて通訳を行うので大変、大変。でも非常にやりがいのある仕事なんです。

自分の好きな語学とマジックに同時に触れられるんですもの!

そのうえ世界中の一流マジシャンに会えるし、彼らのパフォーマンスも見れるし良いことずくし。そして私は過去に中国で、マジック活動を行っていたので友達が非常に多い。友達と再会できたことも思い出の一つです。

この様な機会に恵まれて「縁」や「運」、「直感」に感謝するばかり。

Magic Control(韓国朝鮮テレビ)

韓国で9月から始まったマジック番組、Magic Controlの収録の為2泊3日で韓国ソウルに行ってきました!いやー大変だった・・・

1日目は念入りな打ち合わせ、2日目はリハーサル~収録、3日目はプルコギ食べて帰国。まさにビジネストリップといった感じ。それでもマジシャンとしてテレビに出れる、ましてや海外のテレビに出演できたことは大変光栄なんです。

このマジックトリップの収穫として・・・

夜中の2時まで収録をして、その後夜中の3時にコンビニでささやかな打ち上げ

テレビ番組作るってホントに大変だなぁと実感。
自分の演技をライブで観ることはできませんが、放送が非常に楽しみです。

オスカル はなきんリサーチ(日テレ)

オスカル はなきんリサーチ(日テレ)の収録に行ってきました!印象的だったのは出演者がみんなキレイだったこと (´Д`)ハァ…

実際に演じたマジックは3つ、でも放送時間を考えるとその中から1つ選ばれるんでしょうね。テレビ番組の特徴として放送されない部分が多々あること、でも1番いいところを使ってくれるので本人としては安心!なんです。
放送日は9月8日(金)25:40~日テレで放送されます。
夜遅い時間なので録画できる人は録画してご覧ください!

僕は何が放送されて、且つどのように紹介を受けるのか楽しみです!

アントニオ with フレンズ

アントニオ with フレンズ@おおたかの森S.C.(千葉県流山市)17年2月8日

アントニオ齊藤さん(バイオリン)と石川容子さん(ピアノ)でお送りしたイベントショー。お二人の生演奏に合わせてマジックを演じました。お二人のすごいところは直前に打ち合わせをしただけで完璧な演奏をすること!また、このショーが特別なのはテーブルマジックの他に、アントニオ齊藤さんによるテーブルミュージック(バイオリンの弾き歩き)が楽しめるということ。来場いただいた子供たちの笑顔はマジックだけでは作り上げることができない表情でした。